不動産ランキング

日々の情報と共に、 不動産に関する事を取り上げたり取り上げなかったりするブログです!

不動産ランキング・【今使うべきおすすめ住宅ローン変動・固定金利ランキング】

 f:id:moshimo-eto:20190428194136j:plainどうも、不動産ランキングです。

 

知ってましたか

東京都23区で一番家賃が安いのは、板橋区西高島平なんです!!

理由としては周辺環境が少ない...

では1番高い区はというとやはり中央区なんですねー!!

他の区はどうなのか気になります。。

 

近々、今度ランキングにして詳しくご説明します!

 

 

GWのような長期連休だとあるあるなのが、久々に友達に会ったらマイホーム購入してたとかご両親にそろそろマイホームは?

なんてことがあるかと思います。

 

 

今回の不動産ランキングはというと、

 

【住宅ローンおすすめ変動・固定金利TOP10】

 

 

f:id:moshimo-eto:20190428192034j:plain

 

《変動金利

◎米国の利上げ停止で日本の変動金利も低位安定が続く◎

変動金利金利、ランキングとも変動がなかった。変動金利の基準となる短期金利は日銀の金融緩和策によってマイナス圏で推移しており、大きな上昇も下落も見られない状況だ。米国のFRB連邦準備制度理事会)が利上げを続けていた2018年は、日本でも日銀が金融緩和策を見直すのではないかとの見方が広がった。だが、同年の年末にかけて米中による貿易摩擦の激化や、英国によるEU離脱に伴う混乱などで世界景気の減速懸念が強まり、米国を中心に株価が下落。2019年に入るとFRBが利上げの停止を表明したことで、日米の金利が低下に転じた。日銀による金融緩和の修正も遠のいたとみられることから、変動金利も当面は横ばいで推移する可能性が高い。

 

第1位 適用金利0.447% (2019年4月1日現在)

住信SBIネット銀行 ネット専用全疾病保障付住宅ローン通期引下げプラン】

 

住信SBIネット銀行のネット専用全疾病保障付住宅ローンは、保険料なしで団体信用生命保険と全疾病保障が基本付帯です。さらに女性の方限定で、通常の「全疾病保障」に加えて「ガン診断給付金特約」が無料で付帯されます。保証料・一部繰上返済手数料も0円!

www.netbk.co.jp

第2位 適用金利0.457% (2019年4月1日現在)

じぶん銀行住宅ローン全期間引下げプラン】

「がん診断保障(50%)」の保障内容は“そのまま”で、すべてのけが・病気をカバーする「全疾病保障」を金利上乗せなしで付帯!2つの保障がセットで付帯されるのは、ネット銀行初!

www.jibunbank.co.jp

 第3位 適用金利0.457~0.507% (2019年4月1日現在)

ソニー銀行変動セレクト住宅ローン】

状況に応じて返済計画の見直しができるよう繰上返済手数料はいつでも、何度でも無料です。変動金利の大きな引き下げ幅が特徴のプラン。借り入れ後に固定金利へ変更することも可能です。AI(人工知能)の活用により、仮審査が最短60分で回答されます!

adv.moneykit.net

 第4位 適用金利0.520% (2019年4月10日現在)

イオン銀行 住宅ローン 金利プラン 手数料定率型】

365日、近くのイオン銀行インストアブランチやインターネットから気軽に相談や申込みが可能です。金利を上乗せすると、8疾病保障やガン保障特約を付けることができます。住宅ローンを契約すると、イオンでの買い物が毎日5%オフになるイオンゴールドカードセレクト<イオンセレクトクラブ>を発行します。

www.aeonbank.co.jp

 第5位 適用金利0.470% (2019年4月1日現在)

【りそな住宅ローン(金利プラン全期間型)融資手数料型

借入れ後も、変動金利型から固定金利選択型への切替が可能

変動金利でも、5年間は毎月同じ返済額。固定金利選択型なら、固定金利特約期間中はずっと同じ返済額になります。

www.resonabank.co.jp

第6位 適用金利0.525% (2019年4月1日現在)

三菱UFJ銀行ネット専用ローン変動金利選択プラン】

来店不要で、申込から契約までネットで完結。「7大疾病保障付住宅ローン ビッグ&セブン〈Plus〉」に加入することができます。

homeloan.bk.mufg.jp

 第7位 適用金利0.527~1.177% (2019年4月1日現在)

楽天銀行住宅ローン(金利選択型)】

変動金利のご利用中はいつでも固定金利に変更可能なので、その時々の状況に合わせた金利タイプを選択することが可能です。保険料無料で病気やケガを保障する全疾病特約を通常団信に付けることができます。契約時にかかる諸費用の一部を借入額に上乗せ可能、新規借り入れの場合はつなぎ融資が利用できます。

www.rakuten-bank.co.jp

 第8位 適用金利0.457% (2019年4月1日現在)

【ARUHIミスター住宅ローンREAL(通期引下げプラン)】

団信・全疾病保障・団体総合生活補償保険が付帯されている住宅ローンです。

ネット銀行の商品ですが、実店舗にて直接スタッフと相談できます。他行口座から返済口座へ毎月自動で資金移動ができる「定額自動入金サービス」が利用可能。

www.aruhi-corp.co.jp

第9位  適用金利0.525% 2019年4月1日現在【りそな住宅ローン(金利プラン全期間型)保証料一括前払い型】

借入れ後も、変動金利型から固定金利選択型への切替が可能、

変動金利でも、5年間は毎月同じ返済額。固定金利選択型なら、固定金利特約期間中はずっと同じ返済額になります。

www.resonabank.co.jp

 第10位  適用金利0.457 (2019年4月1日現在)

【SBIマネーミスター住宅ローンREAL通気引下げプラン】

団信・全疾病保障・団体総合生活補償保険が付帯されている住宅ローンです。

ネット銀行の商品ですが、実店舗にて直接スタッフと相談できます。他行口座から返済口座へ毎月自動で資金移動ができる「定額自動入金サービス」が利用可能。

www.sbi-moneyplaza.co.jp

 

 

 

 

《30年固定金利

◎フラット35をはじめ35年固定はほぼ横ばいの動き◎

【フラット35】金利が据え置かれるなど、35年固定の動きはごくわずかだった。それぞれ引き下げたが、基準となる長期金利は3月下旬にかけて低下基調で推移したが、4月に入ると上昇に転じている。懸念となっていた米中の貿易協議に進展がみられるとの期待から、世界景気の先行き不安が薄らいだためのようだ。だが、日米の貿易交渉や英国のEU離脱問題といった懸念材料は依然として少なくない。長期金利はマイナス圏での推移となっており、住宅ローン金利が上昇するほどの勢いにはなっていない。

第1位 適用金利0.640% (2019年4月1日現在)

【ARUHIスーパーフラット8S(金利Aプラン21年~35年】

自己資金を2割以上に設定することで利用できます。借入期間が21年以上の場合、通常のARUHIフラット35よりも低金利です。住宅金融支援機構が定める基準を満たす省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を購入する場合、当初10年間の金利が引き下げになります。

www.aruhi-corp.co.jp第2位 適用金利0.820% (2019年4月1日現在)

住信SBIネット銀行フラット35S金利Aプラン全期間固定21年~35年】

お得な金利で「家」と「安心」を同時に手に入れることができるフラット35Sです。

住信SBIネット銀行のフラット35は、保証料無料・繰上返済手数料も無料で何度でも利用可能。来店不要で手続きが完了します。フラット35S(金利Aプラン)は、省エネルギー性や耐震性などに優れた住宅取得の際に、当初10年間の金利を引き下げるプランです。

www.netbk.co.jp

第3位 適用金利0.820% (2019年4月1日現在)

楽天銀行フラット35S金利タイプ全期間固定21年~35年】

フラット35の金利からさらに引き下がり、専任担当者がサポートしてくれます。

フラット35Sとは、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得される場合に、フラット35の借り入れ金利を一定期間引き下げる制度です。

www.rakuten-bank.co.jp

第4位 適用金利1.070% (2019年4月1日現在)

住信SBIネット銀行フラット35全期間固定21年~35年】

お得な金利で「家」と「安心」を同時に手に入れることができるフラット35です。

住信SBIネット銀行のフラット35は、保証料無料・繰上返済手数料も無料で何度でも利用可能。来店不要で手続きが完了します。ずっと金利が変わらない住宅ローンです。

www.netbk.co.jp

第5位 適用金利0.690% (2019年4月1日現在)

【ARUHI ARAHIスパーフラット9S金利Aプラン全期間固定15年~35年】

ARUHIスーパーフラット9S(金利Aプラン)はフラット35(保証型)の商品です。

自己資金を1~2割未満に設定することで利用できます。借入期間が21年以上の場合、通常のARUHIフラット35よりも低金利です。住宅金融支援機構が定める基準を満たす省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を購入する場合、当初10年間の金利が引き下げになります。

www.aruhi-corp.co.jp

第6位 適用金利0.640% (2019年4月1日現在)

【ARUHI ARUHIスーパーフラット8S金利Bタイプ全期間固定15年~35年】

自己資金を2割以上に設定することで利用できます。借入期間が21年以上の場合、通常のARUHIフラット35よりも低金利です。住宅金融支援機構が定める基準を満たす省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を購入する場合、当初5年間の金利が引き下げになります。

 

www.aruhi-corp.co.jp

第7位 適用金利1.070% (2019年4月1日現在)

楽天銀行フラット35全期間固定21年~35年】

楽天銀行口座を指定すると融資事務手数料が割引!来店不要、保証料無料のフラット35です。

融資事務手数料が通常借入額×1.404%(税込)のところ、返済用口座が楽天銀行の場合、借入額×0.972%(税込)となります(ただし、最低融資事務手数料は、162,000円(税込)かかります)。保証料・繰上返済手数料は無料です。契約まで来店不要、電話での相談は土日祝日も可能です。

www.rakuten-bank.co.jp

第8位 適用金利0.820% (2019年4月1日現在)

【ARUHIフラット35S金利Aプラン】

ARUHIフラット35は、最長35年の全期間固定金利の住宅ローンです。

保証料や繰上返済手数料も0円。返済口座は全国1,000以上の金融機関から選択可能です。

www.aruhi-corp.co.jp

第9位 適用金利1.070% (2019年4月1日現在)

【ARUHIフラット35】

ARUHIフラット35は、最長35年の全期間固定金利の住宅ローンです。

保証料や繰上返済手数料も0円。返済口座は全国1,000以上の金融機関から選択可能です。

www.aruhi-corp.co.jp

 第10位 適用金利0.820% (2019年4月1日現在)

住信SBIネット銀行フラット35S金利Bプラン】

お得な金利で「家」と「安心」を同時に手に入れることができるフラット35Sです。

住信SBIネット銀行のフラット35は、保証料無料・繰上返済手数料も無料で何度でも利用可能。来店不要で手続きが完了します。フラット35S(金利Bプラン)は、省エネルギー性や耐震性などに優れた住宅取得の際に、当初5年間の金利を引き下げるプランです。

www.netbk.co.jp

 

今後金利が上昇し借入時の金利が高くなってしまっても、返済負担を抑える手立てがないわけではありません。 住宅ローンは返済途中の見直しで利息負担が抑えられることも覚えておきましょう。

時が経って金利が下落してきたら、低金利のローンに「借り換え」。 家計に余裕が出てきたら、「繰り上げ返済」や「毎月返済額の増額」で、利息負担を減らすことも可能です。

金利上昇のニュースが出ても、落ち着いて希望に合った物件を探し、今も将来も無理のない返済額を考えて住宅ローン利用を検討してください。

f:id:moshimo-eto:20190428192138j:plain

 

 

f:id:moshimo-eto:20190427114805p:plain

 

ゴールデンウィーク期間中は本当にどこに行っても人で溢れています!

せっかくの休みで出かけたいでも人混みが...

ちょとっでも人の少ないところに行きたい。

そこでゴールデンウィーク関東おすすめ穴場スッポト情報をご紹介!!

 

f:id:moshimo-eto:20190428193320j:plain

 https://smartlog.jp/47561

 

                    ↓↓↓仲介手数料無料or半額の物件探しはこちらから↓↓↓ 

     もしも仲新築・浅築もしもペットもしもリノベーションもしも仲介手数料無料

 
 
 
 
        ↓↓↓未公開物件も多数ございます↓↓↓                         
 
             無料会員
 
☆投票お願いします☆


マンションランキング

リノベーションマンションの良さ

①購入後直ぐに入居できる

リノベーションマンションは内装施工済で販売されるケースが多く、室内もクリーニング済みです。不動産売買契約(引渡し)後直ぐに入居できる状態で引き渡されるのは大きな利点です。一方通常の中古マンションの取引では現状での引渡しになる事が多く、引き渡し後にリフォーム工事・室内クリーニングが必要なため、契約後おおよそ1~3ヶ月程施工期間が必要となります。施工期間中も住宅ローン等の支払いが必要な為、リフォーム費用+待機期間中の2重家賃が発生します。

リノベーション済みのマンションを購入する事により、余計な出費を抑え、尚且つ計画的な住み替えスケジュールをたてる事が可能です。

 

②住環境の事前チェックが可能

既に建築済みであるマンションですので、該当のマンションの共用部分等の管理体制・お部屋からの眺望や近隣環境(車両の通行音・近隣住民の生活音・臭気等)を予め確認する事ができます。

新築マンションの購入の場合多くが物件が未完成の状態で購入を決断しなくてはなりません。建材の色味や、各部屋の寸法等は販売図面やカタログで見た写真と異なる事があります。ご自身の目でしっかりと判断したいという方には新築ではなく中古不動産をお勧めいたします。

 

③新築マンションに比べリーズナブルに取得が可能

原材料の高騰と共に昨今では新築マンションの価格が高騰しています。

同じ立地条件・専有部分の広さのものである場合、多くは新築マンションより割安で購入ができるはずです。

再開発等で駅前にマンションの新築が行われているエリアもありますが、

一般的には既存住宅(中古マンション)のほうが良い立地に建築されているものが多くあり、物件の選択肢も増えると思われます。

 

④最新の設備

リノベーションマンションで使用されている室内の設備は新築マンションの設備と比べ遜色がありません。物件により様々ですが浴室乾燥機能や、TVモニターフォン、食洗器等を備えたものも多く、快適な生活を享受してくれるはずです。

大手の不動産再販業者ではダイニングテーブル・ベット・ソファー・照明等の家具類やTV・食器類に至るまでプレゼントしてもらえる事も!

デザイナーが入っている事も多くあり、統一されたおしゃれなコーディネートになっている事が多く、雑誌に載っているモデルルームの様なお部屋がそのまま手に入るのは大きなメリットでしょう。

また、リノベーションのマンションはお部屋毎に設計施工されたオンリーワン。

現在ではリノベーション済みのマンションの供給が増加傾向にあり、各社様々な

内装をしています。ご自分の好きなテイストの住まいをきっと見つける事ができるはずです。

 

⑤税制優遇が使える可能性

リノベーションマンションを販売している多くの売主は課税法人です。

すまい給付金等の税制度が使える可能性もございます。

また、消費税が増税となった場合住宅ローン減税の拡充に伴い通常の中古マンションを購入するよりも優遇される場合がございます。

リノベーションマンションの事ならもしも不動産へお任せ下さい!

年間100件以上のリノベーションマンションをご紹介しているもしも不動産は

リノベーションマンションのプロ集団です。